日本の株式企業では、株主投資といえば株式配当や株式譲渡益を目的としたものが多いのが現状です。
例えば、桐谷やブリストルマイヤーズや韓国サムスンなどの外資系資本の企業であっても株主優待を行っている企業は少なくないのです。
桐谷やブリストルマイヤーズと韓国サムスンなどどういった株主優待を行っているかは、会社四季報などで自身で調べることになりますが、外資系企業だからといって株主優待を行っていないわけではないのです。
桐谷やブリストルマイヤーズと違い韓国サムスンはスマホなどの家電製造販売企業ですが、こうした企業の株主優待では自社製品の安価での提供や株式数に応じた製品の贈呈など、その内容は様々です。
この株主優待は、企業本体の営業成績が悪く、赤字の場合であっても継続す企業が少なくありません。
これは、株主への感謝の気持ちを表していますが、企業側にとっては安定株主対策でもあり、株主が安定することにより企業経営の安定に寄与するのです。
最近では、こうした優待特集の書籍やHPでのランキング検索などが人気を集めています。
通常であれば、企業の業務に関連したものが多く採用されていますが、中には意外なものも少なくなく、こうした情報を入手して優待を探している人もいます。
株主優待で人気があるのが、飲食店系列のサービスを受けるための優待です。
生活でよく使うサービスを求める人も多く、例えば生活の中で、よく使うレストランを安く使えるように株式を購入している人もいます。また、好きなブランド服を継続して安く購入するために株式を保有している人もいます。
その目的や用途によって使い分けている人もいます。
どういった優待があるか探してみるのもいいと思います。