企業が株主に利益の還元を行う方法としては様々なものがありますが、その中に株主優待があります。株主優待は各企業が定めた期日において、その企業の株を取得していた場合に還元され、その方法においても、自社の製品であったり、クーポン券やギフト券など様々な形態が用いられています。株主優待は企業側にとってもメリットがあり、それは、行うことによるコストパフォーマンスが高いことを上げることができます。例えば、株主優待の商品等はその企業に関係している内容のものがほとんどであり、つまり、大きな広告効果を得ることができます。株の配当は現金で還元されますが、この場合には商品等であるために視覚にも訴えることができ、そこでの効果には大きなものがあります。
株主優待は、その内容から株主にとってもお得感があり、高い人気を集めています。株主優待にはいくつかの特徴がありますが、まず、評価を行うメリットがあります。これは、株式の配当金に上乗せする形で考えることができるために、評価を行うことによって、全体的な投資の利回りを知ることができることです。例えば、配当利回りが低い場合などでも優待利回りを加味することにより、高いパフォーマンスにつながることもあります。また、税金に関してのお得感もメリットの1つとなります。これは、配当金の場合には2重課税と言われており、つまり、企業においては収益に税金がかかり、且つ、配当金にも税金がかかる仕組みになっているからです。株主優待を貰った場合にはこれがかからず単なる雑所得扱いとなり、概ね20万円以下の場合には税金を考慮する必要はなくなります。また、権利確定日のタイミングにおける株価の上下に関しての把握がしやすいこともメリットとして上げることができます。そして、利用する場合にも、最小単元を保有する方が利回りが高くなり、お得な方法となります。